とまとはんを使ったアレンジレシピ

上古屋(じょうこや)

#06

トマトの酸味をとろーりあんが包み込む

【揚げナスととまとはんのそぼろあんかけ】

【材料:2人前】

・「とまとはん」
… 1個
・長ナス
… 1本(1口サイズにカット)
・A/かつおだし
… 300cc
・A/薄口しょう油
… 20cc
・A/みりん
… 20cc
・水溶き片栗粉
… 適量
・肉味噌
… 30g
・ネギ
… 適量
・白髪ネギ
… 適量
・刻み海苔
… 適量

①ナスを素揚げにする。竹串でスッと入ればOK!
②Aを鍋に入れてひと煮立ちしたら水溶き片栗粉でとろみをつける。
③「とまとはん」の皮をむいて、サイコロ状にカット。
④②で作ったあんの中に肉味噌と「とまとはん」を入れる。
⑤ネギと白髪ネギ、刻み海苔をトッピングして完成!
★辛口の日本酒との相性も抜群!お酒のおともにもおすすめ

#07

さっぱりバラ肉をピリ辛トマトで刺激的に

【とまとはんと蒸し豚】

【材料:2人前】

・「とまとはん」
… 1/2個
・豚バラ肉
… 100g
・塩
… 少々
・砂糖
… 少々(塩に対して20%の量)
・スライスショウガ
… 3枚
・九条ネギ
… 適量(小口切り)
・大葉
… 適量

①「とまとはん」をくし切りにする。
②豚バラ肉に塩と砂糖をなじませて、ラップで包んで1時間程度塩漬けにする。
③スライスしたショウガや野菜のヘタをのせて、蒸し器で30分間蒸す。
④取り出して食べやすい大きさにカットし、「とまとはん」の漬けダレをかける。
⑤九条ネギや大葉などの薬味をのせる。

上古屋(じょうこや)

店主/下村亮祐さん

海の京都と呼ばれる京丹後市出身の店主が営む町屋の酒場。新鮮な魚介や野菜を中心とした季節の料理と日本各地から厳選した日本酒を満喫できる。カウンター越しに交わされる店主とのテンポの良い会話も楽しみのひとつ。

京都市中京区西洞院蛸薬師下ル古西町427
075-254-8933
17:30~23:30(LO23:00)

MAP